Latest Entries

令和元年度秋季一軍戦結果

どうも、前主将です。いよいよ役職がなくなり無職になってしまいましたね。老害にならないように頑張りたいと思います。
今回は11月17日と24日に行われた秋季一軍戦の結果報告をさせてもらいます。

初戦 対立命館戦
小寺-野島、仲村-木村泰、下西-武沢、坂本-大塚、仲摩-田淵、堀川-武蔵、山口-福田
4.6勝ちの2-5負けでした。
初戦は立命館さんとの対局でした。初戦だったので全力のオーダーで行きましたが、2つしか取れずに2-5負け。相手の層の厚さを感じました。

2回戦 対神戸大学戦
小寺-白河原、仲村-井上、下西-山本、山田-布本、坂本-田和、仲摩-古田、堀川-川端
5.7勝ちの2-5負けでした。
2戦目は神大さんと。オーダーはだいたい読み通りで勝負になるかと思っており、実際取れそうなところもありましたが、結局取れずに2-5負けとなってしまいました。

3回戦 対関西学院大学戦
小寺-岩瀬朋、藤原-佐々木、仲村-西井、下西-岩瀬晃、坂本-今中、仲摩-林、堀川-小野
1.4.5.6.7勝ちの5-2勝ちでした。
1日目最終局は関学さんと。オーダーはお互いに深読みをした結果なんとも言えない感じになりましたが、勝負どころや厳しいと思っていたところで取ることができ、結果5-2で勝つことができました。

4回戦 対京都大学戦
小寺-酒向、仲村-野末、下西-寺田、坂本-青木、仲摩-窪田、堀川-金尾、山口-生川
3.4勝ちの2-5負けでした。
4回戦は京大さんと。まだ残留が確定したわけではなく、少しでも勝ち星が欲しかったので全力で出しましたが、結果的には2つしか取れずに負け。力の差を痛感しました。

5回戦 対大阪大学戦
小寺-宮屋敷、仲村-武内、下西-白井、澤田-村上、坂本-大中、仲摩-森本、堀川-松井
5.7勝ちの2-5負けでした。
最終戦は阪大さんと。ここで勝てば勝ち数の関係で残留や第2代表も有り得ましたが、ここでも2-5負け。5戦を通じて、A級上位校とはやはりはっきりと差があると思わされてしまいました。
以上の結果より、市大は6期連続の入れ替え戦に回ることになりました。

入れ替え戦 対同志社大学戦
堀川-森田、山田-大崎、小寺-松浦、坂本-砂田、山口-山口、下西-籾迫、仲摩-池永
1.4.6.7勝ちの4-3勝ちにより、市大はA級残留が確定しました。
入れ替え戦は同志社大学さんとの対戦となりました。勝負どころが多いあたりでしたが、大将、7将が勝ってくれたのが大きく、チームは残留することができました。

来年も広い部屋で指せるということで、とても嬉しいです。次期主将と部長もしっかりとしていて、非常に頼もしいです。これからも市大将棋部を盛り上げていってください。皆さん一軍戦お疲れ様でした。
また、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。これからも市大将棋部をよろしくお願い致します。

今年部室でよく聞くワード

どうも、大阪市立大学将棋部公式?マスコットツイッタラー 兼 関西学生将棋連盟の弱いほうの山口です。

一軍戦、無事残留しました。とてもめでたいのですが私何もしてませんので語ることがありません。ちょっと全国優勝経験者二人にボコられて同志社の山口君に本物の山口が誰かをご教授していただきました。私が偽山口です。まあ何はともあれ頑張っていただいた皆様、ほんまありがとうございます。来期も広々とした空間で指せます。あの建物の二階使えたらBも広々と指せるのになあ。よくわからないけど大人の事情があるんでしょうね。

はい、一軍戦記終わり(業界一短い一軍戦記ではないかとの声)。

ここからは今年部室でよく使われている(いた)ワードを紹介します。五十音順とかではなく思い付いた順です。

虚無・・・swdや私など多くの人がよく使う。大概の負の感情をこの一言で示すことができる。

広義の堺市・・・mrknがよく使う。うちの大学が堺市に近いというかほぼ隣接していることから杉本キャンパスの本館地区あたりをこう呼ぶ。たまに地下鉄あびこ駅ですら堺市認定される(最広義の堺市)。

堺市立大学・・・上と大体同じ

積極的落単・・・授業に出て頑張って単位を落とす(消極的落単)のは非効率だという考えのもと、そうなるくらいなら初めから講義に出ず落単するほうが賢いという思想から生まれた言葉。落単界隈では消極的落単は非難されがち。mrknがよく使う。


ぱくはじめ・・・imnsがそこまで言って〇員会とかに出てる某教授の名前を読み間違えたもの。なぜ朴は「ぼく」と読まなかったんだろう。

そこに○○は、あるんか?・・・いろんな人が使う。大地真央さんのあのCMが元ネタ。

あるなあ・ないなあ・・・運慶快慶みたいになった。上記に対する返しとして使われる。

俺の勝ち!・・・いろんな人が使う。ケイスケホンダ氏のあれが元ネタ。

なんで負けたか明日までに考えといてください。・・・同上

ほな、いただきます。・・・同上。駒をとるときなどに使う。

やるやん!・・・同上。負けた時に使う。

あほ〇ね・・・「し〇」と言っている割に柔らかい印象を受けるせいかいろんな人が使う。朝青龍氏のツイッターが元ネタ。内輪以外ではつかわないようにしましょう。

swdの物まね・・・部室で寝ること。

安全衛生・・・swdの役職名。仕事をしてほしい。

語録・・・主にymdとnkmrのせいでホモビ語録が飛び交っている。勘弁してほしい。

それは何章ですか?・・・語録っぽいワードが出た時に出典を聞く言葉。私がよく使う。

西抜きまーす。・・・二人麻雀でよく出る。うちでは基本的にサンマのルールに準じて行うが「抜き北」に加え「抜き西」もできるようにしてあるためこういった発言が出る。

実質将棋・・・運要素が希薄もしくは無いボードゲームのこと。実質将棋のゲームは将棋と一緒で実力がもろに出るので私はあまり好きではない。そういうのは将棋だけで充分。

サビ残・・・残留をかけた入れ替え戦のこと。リーグ戦を終えたのに帰れない上負けたら降級させられることから。

成長のための残業・ボーナスチャンス・・・第二代表決定戦や昇級をかけた入れ替え戦のこと。

定時退社・・・A級4位やB級C級を3位、4位などでリーグ戦を終え、入れ替え戦、第二代表なしで四時ごろに帰宅をすること。サビ残をすると同志社を出るのが六時過ぎてしんどいことから。なお私が入学以来定時退社・リストラ(後述)したことはない。ほとんどがサビ残。ブラック部活である。

リストラ・・・リーグ戦でビリになり無条件降級すること。早く帰れることは帰れるが・・・

神・・・近畿大学将棋部の某氏のこと。主将のskmtがよく話題にしている。尊敬する会というものがあるらしい。これとは関係がないが以前「キョウヘイ」という馬がなぜか目に入ったので買ってみたら普通に外れた。お金を返してほしい。まあこれとは関係ないんだけど。

もっと序盤勉強したほうがいいですよ・・・出所不明。もっと序盤を勉強したほうがいい時に使う。前々主将の2D氏、前主将てっちゃ氏、主将skmt、そして私がよく使う。ちなみにこの四人全員まともに序盤を勉強していない説がある。

2018年度秋季一軍戦記(D)

どーも、OBの2Dです。

現役生のみなさん、A級残留おめでとうございます。
直接言いたかったんやけどね。ごめんね時間合わなくて。
(個人・団体問わず)結果に不満の残る自分に厳しい方もいるかもしれませんが、
A級で戦えているというだけで素晴らしいですからね。
通算A級成績5-16の私が言うんだから間違いない(白目)


さて、この記事ですがタイトル通りです。去年の一軍戦記を書いていくぅ!

……っていうのは、
①そういえばちゃんと書いてなかったなーと思った
②最近は堅い文章ばっかり書いてるので、ゆるーい文章も書きたい
③今年の秋季一軍戦記も書こうねBaby

という3つぐらいの意味を持ってたりします。

それでは本編。


一回戦 vs京都産業大学
私の三間飛車で対左美濃に。角打ちで困ってない?と思い打った角が簡単に受かり、逆にこちらが困る。隣の主将の心に負担をかけた模様。
その後、怪しげな受けを連発し、ごまかしに成功。なんとか捲りきったものの、部員からバッシングを受ける内容に。チームは不戦勝3を含め7-0で勝ち。


二回戦 vs大阪府立大学
三間飛車を連投。今度は対46銀型急戦に。
美濃の堅陣を活かして、大駒をさばき船囲いの玉頭に小駒を殺到、という綺麗な勝ち方したなあと思っていたものの、某Y氏等から「嘘くさかったですけどね」と指摘を受ける。そーかなー?


三回戦 対大阪経済法科大学
三間飛車を三連投。一日目は三間飛車を指すと決めていたのである。そして相振りに。
途中、良くする順を見つけるも痛恨の手順前後で一気に形勢が悪化。負けというか詰みの局面もあったものの、鬼の形相でごまかし詰みを逃してもらい、逆転勝ちまで持ち込む。
なお、隣の主将の心に負担をかけ、終了後に怒られた模様。また彼の対局相手の、大経法の某氏にも怒られた模様(なぜ?)。さらに感想戦で「これ詰んでましたね」みたいなのが多かったのが対局してた部員に聞こえていて怒られた模様。


〜ここから2日目〜

四回戦 対関西大学
対四間飛車が大体想像できていたので、用意のmztn流急戦で応戦。仕掛けが突き刺さり、またお相手のうっかりで両取りがかかったため優勢に。
そこから粘られつつも優位を拡大し、最後勝勢のところで痛恨の寄せミス。泥仕合の様相から逆転され負け。
4回戦最後の対局になり、人が大量に集まってきたときに「あ、これ3-3や」ってなる。そのとき局面はすでに悪くなっていて、心理的な影響とかは無かったんですが。
感想戦に入る前の観戦者への第一声は「3-3の1残りでしょ?」。4年間で得た知見を披露していくスタイル。


五回戦 対近畿大学
相掛かりに。2日目は居飛車すると決めてたのである。
ひたすら中央突破を狙う、用意していた作戦になったものの、しっかり中盤で悪くなり無理気味の攻めが通らず負け。途中お相手にとって嫌な筋があった、と感想戦で指摘される。「お強い」って思いましたまる


結果、市大は個人勝ち数1の差で2位になり、入れ替え戦へ。2日目どっちか勝ってればA級で第二代表決定戦だったんじゃー!


入れ替え戦 対同志社大学
懲りずに相掛かりで同じような作戦採用したやつがいるらしい。私なんですけど。
今度は細い端攻めをなんとか繋げる展開に。局面が二転三転しているうちに最後の一局に。周りに人がほとんど居なかったので、「あ、2-4か」と悟る。
そして最終盤。相手玉に詰みは無く、自玉は危ない局面。詰むや詰まざるやの状況で、一分の秒読み。対局時計の「50秒、1、……」という音が聞こえ、最後にとっさに選んだのは自玉に持ち駒の金を投入する手。これで相手玉が安全になり、以下は冷静に攻め切られ負け。
一軍戦では自玉を固めて局面を長引かせるのが悪い手になりにくい、という経験則が働いたんだと思います。
その後もっさん氏から、「攻めれば分からなかったのでは?」と指摘を受け、金打が敗着だったと発覚。4年間での経験に最後に裏切られる形に。これだから将棋、というか勝負は難しい。


入れ替え戦の最終盤については、観戦されていた方がかなり多かったと記憶しております。2-4でチームの勝負に関係ない中、ご観戦いただきありがとうございました。
私にとって残念な結果ではありましたが、思い出の一つであります。
この場を借りてお礼申し上げます。



……長文になりましたねぇ。読みにくくて失礼いたします。
今回は真面目に書いたので、前回の怪文書の最後に書いた宣言通りですね。

まあ、後輩諸氏は、今年の書いてね。
経法の某氏も期待なさってるみたいだしさ。


それでは、このあたりで失礼します。
よいお年を!(もう今年更新する気ない)(OBなのでそれが正常である)

【OB】とてもお久しぶりです(犬)

いつ以来かと思ったら2017年以来なので2年ぶりの投稿でした。犬のおじさんです。

皆さんはこの2年でどのような変化がありましたか?
社会人になった人、なれてない人、まだまだ現役生の人etc.

色々あったかと思いますが、犬のおじさんは東京でのテレビ番組制作の仕事にピリオドを打ち、広島で海の男になりました。
(ピリオドを打ち、と書いてますが、復帰しそうなのは内緒)

広島は、東京・大阪ほど都会でなく、かといって私が訪れたことのある地方都市(奈良・山形など)よりは都会な、ほどよい感じが住みやすいところです。

将棋部のブログなので、将棋の話題をしますと、昨年までは社団戦でのんびり指すくらいの感じだったのですが、今年Twitter経由で知り合った友人に誘ってもらい、広島の研究会に入会、地方大会に出場するなど本格的に復帰しました。
序盤はもはや分からないので終盤でごまかす力だけメキメキ伸びてます(謎棋力)

現役生の皆さんは一軍戦真っ只中かと思いますが、A級で奮闘している様子はTwitterにて応援してます!
頑張れ!

また大阪に帰った際は部室に行くこともあるかと思いますので、おじさんの相手もしてくださいませ(^^;

ではでは~

秋の一軍戦頑張ってね

特に書くことがないですが、OBのわたるちゃんです。

何回かネタで「次は一軍戦見に来れるか怪しいからなあ」とか言ってましたが
ある程度現実になってしまい悲しみに暮れてます
今年の秋も来れませんし、来年の春秋も来れないでしょう
そしたら学年被ってる代は卒業しちゃうので、流石にお邪魔するのはあれかなと
まあ今の二回世代ももりけんとか仲村くんとか藤原くんとかよく話してくれた子も居るけど
流石に行かないなあと思うと
最後になるかもしれないと
春一軍戦見に行っててほんとよかったなと思いました

今の市大では(昔から?)一軍戦が終わった後反省とか感想とか言い合う時間があるのですが
春では4回生になったてっちゃが「もう一度A級で指せると思ってなかった」と言ってて少し感慨深くなりましたね
思えば今の4回生は、入ってきた当時が1番戦力が揃っていて
そこから毎年のようにレギュラーが抜けて
年々戦力が厳しくなっていく中で頑張ってきたんだなあと
そう考えるとそんな彼らが最後にA級で指せること自体とてもめでたいことで
悔いなく頑張ってほしいと思いました(こなみ)

今年は2回生が大きく飛躍しているのか
A級レギュラークラスの格上に1発入れることもあって
どれだけやれるのか非常に楽しみです
是非怖がらずに、自分達の力を信じて対局してください!
前回は入ったばかりのA級で
右も左も分からなかったと思います
A級初参加の気持ちで
全力を出してください

3回生は教育課程や文サの役員や理系特有の忙しさとか
リアルが多忙の中
部をまとめていてすごいなあと
素直に感心しています
強いてアドバイスするなら
オーダーで読みを外した時に
あまり引き摺らないで下さい
というのも春ではオーダーの読みを外したからか
主将が明らかに落ち込んだ顔をして対局に臨んでいたように見えたので……笑
そうしたちょっとした気落ちが、A級では足をすくってくるかもしれません
同じことは主将と一緒にオーダーを作っている部長や岡くんにも言えますが
オーダーと対局で気持ちを切り替えることを心がけると良いかもしれないです
まあこんなの、言うのは簡単で実際めちゃくちゃむずいんですけどね、はい
自分なら絶対引き摺りますし、引き摺ってましたし笑
でも先輩方より、少なくとも私よりは優秀な主将と部長だと思っているので
難しいことですが心掛けてくれたら
老害としてこの上ない幸せです。。

1回生はまだあんまり誰がいるのか把握してないですが
もし出番があれば自分の実力を出し切れるように頑張ってください
そして勝ちに行ってくれたら幸いです
将棋は負けて成長するゲームですが、自信は勝つことでしか生まれません
できればこの一軍戦で、より多くの自信と課題を手にして今後の糧にしてくれたらと思います

まあつまるところタイトルになります
一軍戦頑張ってください
会場には来れませんが
Twitterガン見しながら応援してます

それでは

追伸
念のため書いておきますが一軍戦来れなくなった理由は
逮捕されたとか
入院したとか
炎上系YouTuberになって外歩けなくなったとか
そんなマイナスなことではなく
むしろとてもプラスな要因のためです
あしからず

小ネタとネタより長き解(怪)説(D)

久方ぶりです。OBと化した2Dです。


一軍戦近いですねぇ。緊張感が高まってきました。
今季はA級復帰戦ということではりきっています。


最近は持ち時間の短い将棋は指さない(指せない)ようになってきました。負ける負ける。

いっ、一軍戦は持ち時間が30分、秒読み60秒と長いですからね……
(長い将棋なら勝てるとは言ってない)(長い将棋を指しているとも言ってない)

将棋の調子はというと、最近は読み抜けが多く、終盤にチャンスを活かせず負け、みたいなのが多くなっててつらみです。
一軍戦までに、なんとか腰を据えて指す感覚は取り戻しておきたいです。



OBなので一軍戦出られないわけですが……



〜作意〜
一軍戦に向けて頑張っている→まあ出られないんですけどねー
の手順の実現。


〜解説〜
「一軍戦への意気込み」「最近の将棋の調子」がオチへの下準備。
収束は使い古されたネタである。

前振りがやや淡白だが、オチが非常に弱いため妥当な分量と言えよう。

最初の挨拶で「OBと化した」と言っているのは、読み手に私が現役生だという誤解が生じるのを防ぐ意味。
しかし、オチが読みやすくなるきらいがあるため作者によって好みが分かれる。

〜改案〜
①あえてオチを言わず、コメントで「一軍戦出れへんやないかーい!」と言ってもらう
……コメント利用者の過疎化から、ツッコミ待ちは不発に終わる確率が高い。加えて、コメントを見ない読者に対し誤解を招く恐れがあるため断念。

②「出られないんですけど」の連呼
……それぞれの前振りの後に「出られないんですけど」を付ける案。より多くの前振りを用意し、最後に別のより大きいオチを持ってくることで効果が現れる手法だが、めんどくさいので断念。



これはブログなのか(疑問)

もうちょっとブログらしいブログは多分、現役生かOBかOGが書いてくれるはず()
詰将棋の解説風味なのは、現役生のみんな詰将棋解いてね!っていうメッセージということにしておきましょう。

次の機会があればもう少し普通に書きます。それでは。

ちゃーっす。

ちゃーっす。ヤマンザでーす。わたくし、最近将棋部での挨拶が全部「ちゃーっす。」になりました。これが日本語の乱れか。はたまた進化か。

どうでもいいですが、私の体調は進化ではなく乱れました。急に寒くなって多分風邪引きました。微妙にしんどいです。今日はドクターx終わったらさっさと風呂はいって寝ようかな。

法学部の後輩が「ケイホウ」の話をしていて「(お?「大阪経済法科大学」略して「経法」か?)」と思ったら専門科目の「刑法」でした。アンジャッシュもビックリです。完全に大学将棋に毒されています。

そういえばうちの部はやたらめったら一部の経法将棋部員、OBに愛されているんですがなんでですか?ここまで愛されてるならインカレ化して大阪市立経済法科大学として一軍戦も合同チームで出ても許されるんじゃないかな()。割と真面目な話、学生将棋でインカレ化して合同チームにするの規則としてダメって明文化されてるんですかね。ひょっとしたらルールのバグを突いてしまったかもしれない()

そう。今この記事を書いてるのも他ならぬ某経法将棋部員の圧力?によるものなんですよ。なので全く内容がないんですよ。別に謝りはしないですけど。

それはそうと、交流戦参加いただいた皆様、ありがとうございました。拙い運営でしたがなんとか終われてよかったです。皆様の棋力向上や交流の一助となれたのなら幸いです。

あと前回FGOの事書いたんですけど、その続きです。ボックスガチャは107箱でした。疲れました。以上。

最後に、一軍戦棋力気力体力ともにしんどいですけど頑張ります。応援していただけるとありがたかったりします。

Appendix

管理画面

記事検索

月別アーカイブ

map.png