Entries

ラストランへのキセキ1

先週は勝てるオーダーは作れるものの、残念ながら自分自身は活躍できないという状況でした。
今週こそはという思いで、体調も回復し何とかならないものかという感じでしたが・・・

4戦目大阪工業大学
C級から昇級したばかりの大学で、まだオーダーとか一軍戦の仕組みを理解していない様子。
秋はどうにかしてこういう大学にオーダー表の書き方とか一軍戦のルールとかを教えないとなと思いました。
自分の将棋は、相振りからいつも通り作戦負けになり、打開しようと大暴れしたらそれが通ったっぽかったのですが、その後の手拍子により全駒されるorz
チームは6-1(´・ω・`)
格下とはいえスイープチャンスってなかなか無いですからね、全くもってゴミです...

5戦目関西学院大学
あまりに調子がひどく申し訳ないので切ってしまおうかとも思ったのですが、それでチーム負けたら大惨事なので、まだしも負けてチーム負けの時責任を取れるように・・・
オーダー交換前に切ってしまおうかということを言ったら橋詰さんに『気負いすぎや』と言われて少し気が楽になりました。
大将戦が負けでしたが、私は連敗を3でようやく止め、上二人も順当に勝ったのですが、
残った3局が、純粋角損の序盤戦、一人終盤、穴熊の姿焼き。。。あれれ~おかしいぞ~\(^o^)/
理事室前の廊下で待機している真田さん橋詰さんに状況を報告しているうちに、一時は入れ替え戦も覚悟した状況から、
角損の将棋をまくって、松岡くんもど必敗の穴熊をどう勝ったかは想像できない将棋を勝ち(チーム勝ちを知らず必死だったらしい)終わってみれば5-2でふー耐え(^_^;)

さて久しぶり(5期ぶり)の第二代表決定戦に進出。
当時の第二代表戦に出た方々はもう過去の人で、全くの未知の領域。
相手は5期前の第二代表決定戦で2-3負けを食らった因縁の?神戸大学戦。
さすがに主将らしいことをするかと思ったので、一同を部屋に集めてミーティング+オーダー会議。
ここまで来れたのは皆さんのおかげなので、ここで負けても何も言えませんよ。
むしろ私が負けて2-3だったら私のせいにしてください。という話をしました。
普通ならフラグにしか思えないところですが、個人的にはものすごいリラックスしていて、何か勝てそう不思議な自信がありました。

とは言ってもじゃんけんですからね、オーダーも読めないし。
という読めないはずのオーダーを最大限読みに行っていざ出陣。
運命の第二代表決定戦は長くなってきたので次の日記に。
スポンサーサイト
                

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

管理画面

記事検索

月別アーカイブ

map.png