Entries

夏期集中講義オーダー学入門(ぬるし)

タイトルの通りのしっかりとした文章を書き、かつ内容もあるものに出来るかははなはだ疑問なのだが、
普段から××大学はオーダーが下手だとが、平然と言ってしまっている手前、少しはきちんとしたことを言えないいけない気がする。
このページを他大学の人が見ているのかは分からないが、これで一軍戦などの団体戦が盛り上がるのに、わずかでも貢献出来れば幸いである。
では入門と書いたので私のオーダーに関する考え方を書いてみようと思う。
これはサワーさんから受け継いだ部分が大きく、その前もMAKEさんという軍師が市大にはおり、
かつオーダーが上手くなる条件である使い方が難しい戦力状況ということがあった。
まず一つ中心になるのは①オーダーは格下がなんとかいい勝負にしようとして変化するというものである。
極端なことを言えば、強い人を4人集めて、全員が5連勝すれば、相手が当て馬だろうが、やってしまった感のあるエースでもいいのである。
ゆえに②オーダーは読まれてもいいと思っている。
戦力が有り余っている対戦ならいざ知らず
③オーダーでどうにか出来るのは1勝分であるから、相手にフルメンバーを出してもらわない
ことが出来るなら、それはそれでチャンスが広がるのである。
そしてオーダーを決める際には④MAXで5-2が狙えるオーダーを組むことである。
今年の春、凄まじく苦しかったため、4-3を最初から狙うオーダーを組んでしまったが、やはり個々の負担が増大してしまった。
仮にその1局の勝率が7割あったとしても、2局とも勝つ確率は5割ないのである。
であるから、仮に3割ほどのイメージであっても、2局あればどちらか勝つ確率は5割あるのである。
長くなってきたので、最後に書くとすれば、
⑤オーダーは出ている選手ではなく、準レギュラーやサポートの部員が案を練ることである。
それは次に当たる相手の戦型を元にしたオーダーを組むことが可能になる他、出ている選手の負担を減らすことが出来るメリットもある。
ただ、最終的な決断は主将が負うべきだとは思うが。ここに書いたのはあくまで私見なので、
こうなのではという意見はぜひコメント頂きたいし、議論出来れば筆者としても有意義である。

とまぁ堅苦しく書いてみたが、要するにオーダーを考える楽しみが感じられる大学がうらやましいということである。
秋はC級に落ちないよう頑張りましょうね(^_^;)


スポンサーサイト
                

コメント

[C41] No title

勉強になります(`・ω・´)


  • 2013-08-24 21:58
  • にふぅ
  • URL
  • 編集

[C48]

兄さんと米澤さんの軍師っぷりは凄かった.
あぁいう人がいると一軍戦も盛り上がるよね~(´_ゝ`)
  • 2013-08-27 11:24
  • L
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

管理画面

記事検索

月別アーカイブ

map.png