Entries

ぬるしの将棋論考②

高校までの将棋部と、大学の将棋部で決定的に違うのが、7人一組の団体戦が1番上だということである。
当然、団体戦は1人では勝てないから周りを強くするか、強い人を呼んでくるかということを勝ちたい人はやる訳で、これは周りも勝ちたいと思ってるよね?っていう体育会系な思考であります。
一方、運動なんか出来ないから将棋部にいるんだみたいな人は、楽しく将棋指したい人もいる訳で、この辺は文化部的な思考であります。
この両者は永遠に相容れなくて、前者が強行手段に出るか(前者の思考の人は自分のしてることが間違ってるとかは考えないから)、後者の人が嫌気がして辞めたり距離を置いたりするわけですね。
これは昔の市大でもあった問題ですし、ちょっと前に他大学のブログに書いてあったりして、まぁ言ってることは分かるんですが、将棋の必勝法みたいな難しい問題です。
※電王戦でPCが勝ったりしてますが、あれは必勝法を解明してるんじゃないんで。
まぁ強いと思います、普通のアマチュアでは勝てませんから。
私は半分くらい隠居の身ですから、来期のことは分かりませんが、もしB級でLさんの目標の第二代表に出たいと思えば、今と同じことやってたらダメですね。
単に誰かに勝ちたいとか、試合で勝ちたいとか、R上げたいとか、アドバイスは出来ますが、こればっかりは人それぞれ違うんでね。
要するにここまで長く書いて何が言いたかったかって言うと、R2700なんて私は相当無理ですから、そんなとこまで行ったのに、辞められるなんてもったいないなぁって思っても、止める言葉はないなぁってことです。
来期の一軍戦までに、また将棋しようかなって少しでも思ってもらった時に、受け入れられるような将棋部を作っておくことが、現役生の務めかなって思います。
24名人戦頑張ろ。
何故か現在1番Rが低いハンドルが、最高R1番高くて非常に申し訳ないんだけどね(^_^;)
スポンサーサイト
                

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

管理画面

記事検索

月別アーカイブ

map.png