Entries

幸福相対論

  どうも。珍しく記事を書いております、西岡です。
  将棋部の皆さんはまだ合宿中でしょうか?(違ったらすいません)

  春休みも残り一か月と少しとなりました。
  あと一か月と感じている方もいれば、まだ一か月と感じている方もいるかもしれません。
  現状を幸せである、あるいは楽しいと感じているとき、
  人はしばしば時の流れが速く感じられるそうです。
  逆にいえば、不幸であるであったり、
  楽しくないと感じているときは遅く感じるのだそう。
  これは卑近な例で考えるとよく理解できるでしょう。

  では、幸せとは絶対的なものなのでしょうか?
  私の考えでは、幸せとは相対的なものであると考えます。
  例えば、自分が携帯をトイレに落として水没させてデータが全て吹っ飛んだ場合。。。
  この事例単体で鑑みれば当然、不幸という判断を下さざるを得ません。
  しかしながら、自分以外の人がより不幸であると感じた時、         
  自分が比較相対的に幸福なほうだと感じられると思うのです。
  極端な例を示しますと自分以外の全ての日本人が携帯を水没させて、
  データが吹っ飛んだ挙句、
  ネット上のドライヤーで乾かせば直るという情報を信じて実行した結果、
  電池パックが発火事件を起こす。。。
  このようなことを自分が知ったとき、自分はまだましなんだという安堵感
  (幸福という感情を構成する一因子である)を得ることができるのです。

  私がなぜ珍しく記事を書いているかといいますと、
  時間がたつのが非常に遅く感じ暇であるからです。
  失火は幸い水をかけることで消すことができ、相対的な幸福を得ることができました。
  驚いたことに、電池パックはよく燃えます。(生半可な紙よりも燃えます)
  みなさんも携帯の水没及び、ドライヤーによる電池パックの発火には気を付けてくださいね。
  数日後に携帯を買い替えるので、
  将棋部で私の連絡先を知っている方はご連絡を頂けると有難いです。

  深夜の長文失礼いたしました。それでは
 
 
 

 
スポンサーサイト
                

コメント

[C177] No title

まずシュッシュが記事を自発的に書いてることに驚き、その内容が面白いことに驚き、電池パックにドライヤーからの発火という結構有名なボケをガチでかましたことに驚いた。
いやあ一つの記事でここまで人を驚かせるシュッシュは凄いと思います(笑)
  • 2014-02-28 15:48
  • 犬のおじさん
  • URL
  • 編集

[C178] No title

炎色反応的にはリチウムは赤なんだけど何色だった?
  • 2014-02-28 21:31
  • みやひ
  • URL
  • 編集

[C179] (^ω^)

「幸せ」は自分の心の中にあるもので作用されるものではないと私は思います。
  • 2014-03-12 14:06
  • L
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

管理画面

記事検索

月別アーカイブ

map.png