Entries

藍より青くはならずとも(藤原)

こんにちは、藤原です。

わかっていた事ですが、私は遅筆もいいところ様で、この記事を書こうと思い立ってから早二日が過ぎました。

さらに、例によって面白味の欠片も無いこの題名にも三十分かかっています(汗)



誰か文才を恵んで下さい
せめて遅筆だけでも救って下さい(笑)




さてさて、一軍戦記です。

まずは私視点から見た一軍戦を箇条書きしていこうと思います。




•市大A級昇級!!!
•私は六戦中五回出た
•甲南戦:勝手に敗勢になって勝手に捲った
•桃山戦:角交換高田流という謎の構えに敗北
•経法戦:中屋君は格が違った
•同志社戦:仲谷さんに勝利
•関大戦:松本君ありがとう
•龍谷戦:コバケンさんに軽く捻られる




一番印象に残った対局は、やはり同志社戦です。

仲谷さんは高校の頃お世話になった方で、二歩以外では勝った事のない相手でした。

「また負かされるんだろうなあ…」と思いながら挨拶を済まし臨んだ将棋、戦型はお互いにとって予想通りであろう先手向かい飛車vs飯島流です。

途中で交換した角を打たされジリ貧だと思っていましたが、仲谷さんはさらに一歩を欲張ってきました。

流石に無償では許せぬとばかりに飛車先を逆襲、気がつくと勝勢になっていました。

そこから私のファンタが炸裂して大分紛れたものの、中盤に打った生角と8筋に出来たと金が大活躍し、結果は快勝でした。

大舞台でお世話になった方に初勝利!

生涯忘れないかもしれない最高の経験となりました。

藍より青くはならずとも、少しは成長したと思いたいところです。




全体の反省点で締めようと思います。

私の対局は、とにかく中盤の短慮が目立ちましたね。

甲南戦や桃山戦、関大戦はもっと優勢に出来た筈…勿体無い将棋でした。

もっと頭を使った将棋になるよう励もうと思います。

最後になりましたが、皆さん一軍戦お疲れ様でした!



スポンサーサイト
                

コメント

[C223] No title

一軍戦お疲れ様でしたー(^^)/
藤原氏は今大会指し分けとみーるの意図通り成長を実感出来るとともにまだまだな点も色々感じたと思います。

個人的な感想としては藤原氏は序盤力はうちの部でも上位やと思うけど、記事にもあるように中終盤力が低いと思う。
そこを鍛えればWおじさんずには負けなくなるはず。
今夏の課題ですねー。
来期も期待してるので頑張ってください

  • 2014-07-08 14:14
  • 犬のおじさん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

管理画面

記事検索

月別アーカイブ

map.png