Entries

止まる携帯と眠い犬(犬)

徹夜で課題を仕上げ、一限に眠い中参加したものの、普段の三倍程度の人(大半DQN)が授業中に喋ってるのにげんなりし、ウォーズを始めたものの中盤で携帯がフリーズし、イライラがMAXな犬のおじさん(22)です。

発狂もんやで、しかし。
まあ眠いとイライラするのは皆一緒ですかね(´・ω・`)


ところで阪神が絶好調なのを皆さんはご存知でしょうか。7月の成績が現状12勝2敗(たぶん)ですって。
こんなに勝ってるのに首位に立てない阪神とはなんなのかと思ってしまいますね。
犬的には能見・西岡の復活、岩貞の活躍があれば阪神優勝待った無しな気がする(希望)

それはそうとそろそろどの大学も期末試験に入り始めているでしょうか。市大は今週から試験期間です。
私は数少ない2つの授業のテストの勉強を本気でするかどうかで悩んでおります。
(まあ最終的には十中八九勉強しますが)

なんかよく考えるとチームの一軍戦報告はしたものの自身の振り返りはしてなかったのでしてみますかー(本題)
甲南戦…記憶があやふやだが確か角がわりの将棋。互いに矢倉に組んで痺れを切らし、私から仕掛け、相手の王を完全に裸にして優勢だったが、攻めが切れそうだったので難しそうな印象。
相手玉の上部脱出は阻止するも攻めが切れて負け。角を下から打ち玉を追ったのだが感想戦ではその手が悪手という結論だった。攻めが切れそうな局面は一手一手慎重に指さなければならないが、読んでる私の筋が悪ければ話にならない。
自身の成長のなさを痛感した一局だった。

同志社戦…初日負けたものの調子は悪くない印象だったので、自信を持って臨む。
矢倉戦となったが両角が8筋で向かい合う見たことのない形に。(不勉強なだけかもしれないが)
相手が嫌がりそうな手を続けて徐々に優勢に。
終盤、相手玉を詰ませにいくかどうかで迷い、完全に頭になかったラリった手を指す。
これが敗着。
相手に詰めろをかけて、詰ませてみろとするのが正着というのが落ち着いて見直した印象。

チームとして悔やまれるのは同志社戦。
落とした星のうち優勢から落としたものが私を含め3局あったようだ。
昨秋ぬさんが記事にしてたように優勢の局面から落とすのは一軍戦ではやってはいけないと思う。

今回私は強豪氏と当たったわけだが、優勢になってから勝ちきるのが改めて難しく、強豪の方との差を感じた一軍戦であった。

来期はA級なので最低でも同志社、経法レベル以上ある大学ばかりであるから、優勢を築くのも難しいかもしれないが、もし優勢な局面を作れたら勝ちきれるように頑張りたい。

最後に遅くなったが、一軍戦で初勝利を挙げた藤原氏、シュッシュ、わたるちゃんおめでとう。
秋には犬や山を出させないくらいにこの夏レベルアップしてもらいたい。


ガラにもなく結構真面目な記事を書いてしまった(笑)
恥ずかしい(^_^;)
スポンサーサイト
                

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

管理画面

記事検索

月別アーカイブ

map.png