Entries

犬的今年度まとめ(犬)

どうも。
風邪引いて喉から血痰を吐いた犬のおじさんです。
あ、でも喉以外はピンピンしてるので大丈夫です。

来週末には前期入学手続き日と追いコンという年度の節目となるイベントが続き、今年度の終わりを実感します。
そこで個人的な今年度の反省をして来年度の目標を立ててみようと思います。
(以下「団体」「個人」と分けて反省を行いますが、「団体」の目標は全部員で定めるか、主将が決めた方針に従うのが最善と思っていますのでここでは論じないこととします)


(個人として)
将棋の方は公式戦でしょぼい見落としなどで負けるなど多大な迷惑をお掛けしました。
正直自身の限界も感じましたし、こんなもんなのかなと思ってしまいました。
そんな中ふと最近自分の将棋に変化が訪れて少しワクワクしています。
強くなってるかと言われれば甚だ疑問ではありますが、残り一年チャレンジするのもいいかなと思えたので良い変化だとは思います。
一方私生活でも就活に失敗して留年を余儀なくされるなど大変残念な一年でした。
とりあえず就活を頑張っていくことを第一目標とします。
将棋の方は自分が今やってることを固めて自分のものにしていけたらと思います。
団体戦でも出場機会が与えられれば自身の使命を全うしたいと考えております。

(団体として)
今年度は入部者が3人と市大将棋部としては平均的な人数が入部しましたが、実力的には一人一人が高く、エースとなる部員も入ったのでこれからに期待が持てるものだったと思います。
元から在籍していた部員も皆強くなっており、ある程度の収穫はあったかと思います。
しかし思い返せば春は経法戦でオーダーを的中させて育成同士でぶつかって勝ち辛うじてB級2位でA級昇級、秋はA級で全敗降級とチーム全体の実力としてはA級ではもちろんのことB級でも上位にいたかと言われると疑問です。
オーダー戦込みの一軍戦だと思っているのでオーダー勝負で勝てる位置に市大がいるというのは現状でしょうが、オーダー負けするとB級でも下位に沈むことは大いに有り得ることだと自覚した方がいいと思います。
特に勝ち星MAXオーダーに4,5回生が半数以上いるというのは単純にその人達が全員卒業すると仮定すると(今回は例外的にその状況にはなりませんでしたが)、次年度相当厳しくなります。
2回生以上の部員は一昨年度を思い出すといい例だと思います。
あの年もエース2人、レギュラー2人と抜けた年で春・秋ともすごく苦労した年だったと思います。
来年度も同様に相当厳しくなると思います。
各人の奮起に期待したいです。
あとオーダーはやはり現役の部員、出来れば下回生が考えるのがベストだと思います。
ただ14人オーダーを考えるだけなら皆さんやればできますが、一軍戦中の他大学とのオーダーの駆け引きなどは他大学の戦力を把握していないとできないと思います。
そういった面では実力的に一番上にいる主将や他大の戦力をある程度認知しているわたるちゃん辺りは可能かと考えています。
来年度はその2人を中心に下の代の人にもどんどんオーダーを考えていってほしいと思ってます。
というかなるべく口出しせず助言を求められたらアドバイスするというスタンスで自分はいこうと思います。

以上わたくし個人が感じたこと、今考えることを書いたつもりです。
あくまで個人の意見なので異論・反論等ある方多数いらっしゃるかと思いますが、この意見もひとつの参考として読者の皆さんの見地を少しでも広められるものになれば幸いです。

では来週の新歓頑張っていきましょう。そして、卒業なされる皆さん(そこに4回の私が含まれないのは甚だ不本意では有りますが)を楽しく追い出しましょう。
スポンサーサイト
                

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

管理画面

記事検索

月別アーカイブ

map.png