Entries

遅刻反省日記

今日は本当に申し訳ございませんでした。

謝罪から始まる日記というのもなかなか稀有なものですね。
皆さん、ゆたんぽでは本当にお久しぶりです。古なんとかです。
今回、一軍戦初日にも関わらず安定の遅刻をかましてしまった私ですが、この場をお借りして部の皆様に謝罪をさせて戴こうと思います。
と言っても、こういった文章を書こうにも文才を欠いている私ですので、そこのところは懐深くお願いします(既に謎)。
さて、一応は謝罪「日記」なので日記らしく書こうと思います。
6/13(土)
明日はいよいよ一軍戦初日だ。部室では皆直前までオーダーを見直すという徹底ぶり。強く意気込みを感じた。同回生の二人といつも通りの他愛ないLINEをして床についた。普段はあまり何も考えていない自分だが、このときは確かに胸の中にある何か熱いものを、そしてわずかばかりの不安を感じていた。これは緊張感でもあり、同時に明日への確かな期待感であることを確信していた。自分が試合に出ようが出まいが関係ない。部の皆と、仲間と勝利を勝ち取ることに意味がある。例え自分に役割が無くても。仲間の勝利を喜び、称え、分かち合う。これが団体戦だ。仲間の敗北を哀しみ、慰め、理解する。これが団体戦だ。そうして自分がその場に入れることを幸福に思える、それが団体戦だ。
そんな心地よい空想をしながら眠りに落ちていった。


6/14(日)
寝坊して遅刻した


脚色は入ってますが大体こんな感じです。
本当に皆様、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
特に一回生の皆さんには先輩として最悪の手本となってしまい、すいませんでした。
次回、がんばります。はい。

最後になりましたが、こんな長ったらしいものになってしまいすみません。最後の方日記じゃなくてすみません。読んでくださった皆様、ありがとうございます。すみません。
あと、今季の覇権はダンまちと血界戦線なので是非見てみてください。ではでは。

やっぱり、二度寝は、あかんね。
スポンサーサイト
                

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

管理画面

記事検索

月別アーカイブ

map.png