Entries

一軍戦を振り返って

どうもご無沙汰しております、てっちゃんです。
一軍戦も終わったことですし、今季の一軍戦の個人的な振り返りを書きたいと思います。

一回戦・・・対神戸大学
初戦から非常に大きな勝負所となる神大戦です。
私の相手は秋の一軍戦以来の再戦となったS氏。私は後手で4→3戦法を採用しました。
それに対し、お相手は棒金。4→3戦法に対して棒金をされたのは初めてで戸惑いました。
本譜は踏ん切りがつかず、ただ押さえ込まれるだけの展開を選んでしまい、以下完敗。勝負形にもなりませんでした。
感想戦では、角を手放して強攻すべし、の結論でしたが後日検討するとその順も冴えないようで、結局はっきり良くなる手順は見つかりませんでした。
正直私が勝たないと何も始まらないという感じのオーダーだったので、この負けは素直に落ち込みました・・・が、あまりにも完敗だったので、今思えばあまり後の試合にこの負けを引きずらずに済んだかもしれません。
チームは2-5負けでした。

二回戦・・・対京都大学
次は変わらず強い京大戦。京大さんはほぼフルメンバーでした。
私の相手はM氏。(今思いましたがこの書き方だと誰と当たったかはっきりしませんね。まあ前の記事参照ということで)
私の後手で相振りに。序盤、何気なく相手の玉側の端を突いたところ相手が受けたので、端攻め一本狙いをすることに。
悪くない狙いだったとは思いますが、仕掛けが単調だったようで、切り返された局面で思ったほど成果が挙げられていなかったのが誤算でした。その後も差を詰めることはできず負け。
この対局については、仕掛けを決行する前に腰を落として考えるべき局面で、仕掛けの途中で角道を通す手や、仕掛けず金を上がって備える手との比較をじっくり行うべきでした。
チームは1-6負けでした。

三回戦・・・立命館大学
次も変わらず強い立命戦。私の相手はY氏。
私は後手でした。前の2局で振り飛車で負けているため、気分で角換わりに。
お相手が角を手放してきたので知らない展開になり少考。対応が正しかったのかはわかりませんが、少し進んでみると相手の攻め筋が1つに限られており、それを受けきれば勝てるというわかりやすい流れに。その後は読み筋通りに進み、相手の攻めを封じることができ勝利。
初日個人3連敗だと、何しに来たのかわからなくなるところだったので、一矢報いることができたのは個人のメンタル的に大きかったです。
チームは1-6負けでした。

四回戦・・・対大阪大学
これに負けると入れ替え戦以下が確定する阪大戦。とは言え阪大さんは選手層が厚く難敵です。
私の相手はF氏。私の先手で角換わりに進行し、相手が棒銀に。
序盤はこちらがやや作戦負けかと思っていましたが、相手の構想も難しく、すべて一段落した局面は逆にこちらの作戦勝ちに。
千日手は嫌だったので金を攻めに繰り出そうとする一手を指して打開し、その後の玉頭攻めが決まって勝ち切ることができました。
オーダーも悪くない当たりではありましたが、地力の差が出て2-5負けでした。

五回戦・・・対龍谷大学
A級最終戦は結局全敗対決となってしまった龍大戦。
私の相手はA氏。私の後手で再び角換わりに。
久しぶりの形に進んだため、あまり詳しく覚えておらず、とりあえず定跡でハマるのを避けるべく47角と変化。
実際はあまり良くない一手だったそうですが、相手も疑問の構想があり逆転。うまく相手玉に手をつけて勝利。
チームは4-3勝ち。入れ替え戦に望みをつなぎました。

入れ替え戦・・・対近畿大学
入れ替え戦のオーダーは一発勝負で考えようがないため、乱数で決定。すると私は大将に。一軍戦で初めて大将席に座りました。
私の相手はN氏。振り駒で奇数先を確保できたので私の先手で、相手の角交換振り飛車に対し私の居飛車という展開に。
端を詰めて香車を一つ上がり、地下鉄飛車の要領で飛車を回る一発狙いが決まりそのまま快勝。
チームも5-2で勝利し、A級残留となりました。
私の入部以来、ずっとA級で指させてもらっているのでありがたい限りです。来季もその喜びを噛みしめつつ頑張りたいと思います。



スポンサーサイト
                

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

管理画面

記事検索

月別アーカイブ

map.png