Entries

合宿記(長文)

お久しぶりですわたるちゃんです。今年も阪大合宿に参加してきたのでそこであったことを箇条書きで紹介していこうと思っています!
今年我が大学からは4名が参加しました!去年と比べて2倍ですね笑
全体の参加者は微減の55名でした!相変わらずの大所帯でした笑

〜前日〜
・S本、部室でYンザと合流。どうやら前泊する模様
・Yンザ、前日にも関わらず合宿行きたくないと連呼。本人曰くコミュ障らしい。後飯が少食らしい(伏線)
・(S本とYンザの会話を聞いて)M地先輩「あの2人は何?仲悪いの?」T中先輩「いやあれは仲良いんでしょ」真相は不明だが、いつも通りノーガードで殴り合う(not物理)
・サイゼでOBさんに一部奢ってもらいつつ夜11時に自宅へ

〜1日目〜
・朝は10時半バス出発と遅め
・生まれて初めて竹田駅へ。到着早々同志社の可愛い()後輩達に煽られる
・バスに弱いYンザを隣にして1時間以上喋り続ける暴挙に出る。割と会話が続いたので前に座る同志社組から「仲良くて羨ましい」とかいうわけのわからない言葉をかけられる
・昼食はSA、Yンザのみウィダー1つで対応するも何故かそれすら苦戦していた模様
・宿が坂の上にあることを知って愕然とする
・6人部屋を4人で使うことになり喜ぶ一同。
・近大部屋がタバコ部屋と化し、N深君が亡命してくる。彼はこの合宿で度々市立部屋に遊びにくることになる
・その後の自由対局は1-2、同郷の同志社M浦君と初手合いできたのが収穫(なお結果)
・晩飯にて大した量じゃない(わ並感)にもかかわらずYンザが投了。「明日から米落ちで挑む」という名言を残す
・なおS本もS西も結構苦戦していた模様。なんなら目の前で食べてた関大K本I口の2人も苦戦していた模様。みんな少食や過ぎませんかねえ
・この日は神戸同志社の買い出しについて行き、4000円出費する。大体N野と同志社K本のせいだったりする。なんでやー!
・そしてそのまま神戸部屋で飲み会
・近大タバコ部屋へ移動し飲んだ後、お風呂へ。神戸K本君と近大F井と老害トークを繰り広げる
・風呂の後は同志社K本から同志社将棋部変人トークを聞かされる。詳細が聞きたい方は是非彼に聞いてみてください
・その日は2時就寝?あんまり覚えてない笑

〜2日目〜
・のんびり寝てしまいYンザに起こされる
・この日から新制度「飯3回+対局4局」の7番勝負が開催される。朝飯は全員快勝
・1局目は昨日勝った相手に中盤の一手ぱったりで敗勢になりそのまま捲りきれず、ひどい負け方をする
・2局目は関大A江君と当たり、またも圧敗。あまりの内容の悪さに落ち込みつつ昼飯へ
・昼の弁当を食べきるも、他3人は苦戦。Yンザは負けてしまう
・3局目もうっかりから悪くなって、相手の受けミスから逆転して勝つというひどい将棋
・4局目は思い切って初めてやる戦型を組み、優勢になるも攻め間違って頓死する。あまりの酷さに発狂寸前になるもなんとか自我を保つ
・反省のため市立部屋に行き詰将棋を解き始める。そうすると他の三人も帰ってくる
・S西が3-1、S本とYンザが4-0という戦績。特にS本はエースが集まる1番上のクラスでこの快挙。後輩達の活躍に申し訳なく思いつつ自戒のため詰将棋を解き続ける
・なお最後の方はYンザを煽る集いになっていた模様
・聖人S西、「そろそろやめときましょうよ」と優しい一言。なおS本(と自分)は煽りをやめなかった模様
・ギーコギーコが全部悪い
・その日の夕食はYンザ米を落としてもらう。なお敗勢の模様
・この日から誰かに晩飯のおかずの一部を食べてもらうことを「ソフト指し」と呼ぶようになる
・この日は神戸部屋で少しだけお酒を飲みつつS西と阪大部屋へ。因みにS本は神戸の下級生の部屋へ、Yンザは1人コードブルーを見ていたらしい
・人狼をしに阪大部屋に来たのに、ニムトとコヨーテの印象が強い。後N深君とS田君がいた
・「去年は人狼でうちの後輩(Y田)が色々やらかしてさあ〜」と言うと阪大生、全員がしっかりと覚えていた模様。「あの子今年来てないんですかあ」と残念がる声も上がった
・夜3時まで楽しむ。なおコヨーテは途中神戸同志社組に貸し出し、こちらもとても盛り上がった模様
・布団に潜った後、夜の3時半頃にS本のラインにF田君から連絡が入る。曰く「飲み物零されて寝る布団がない」「どこで寝よう」とのこと
・結局彼は同志社部屋で就寝。
・その頃、聖人S西が深夜テンションでウォーズを始め、これまで見たことのない言動を取り始める
・「◯段とかゴミゴミ」→「◯段強すぎですわ」こんなこと言うのS西じゃない……
・その日は3人でとりとめない話をしつつ4時半頃に就寝

〜3日目〜
・自由行動の日だが未だにどこへ行くか決まっていない状態、とりあえずで関大生について行くことに
・20分ほどかけて坂を降りる。まずは足湯へ。めちゃくちゃ気持ちよかった
・めちゃくちゃ女の子らしいポーズをとるYンザの写真を撮る
・その後おもちゃ博物館へ。オルゴールの演奏会とカードゲームの体験会に参加する。なおここで何故かS本が離脱しA江君が合流し4人で色んな体験をする。
・ボードゲーム好きな人にはオススメの場所ですよ(色んな先輩方へ向けて)
・4人で出資して2つボドゲを買うことに。何故か(市立の部室に置いておくものなのに)A江君が出資してくれた。神かな?
・外に出るとS本が待っていた。曰く「関大生誰も知らないからここで待っていた」とのこと。なお我々は2時間以上ここで遊んでいた模様
・ここから5人で行動することに
・近くにあった農園カフェにてスイーツ女子(男子)と化す5人。自分はぶどうパフェを食べる
・全員おかしいほどテンションが上がったが、特にA江君が普段のしっかりした印象とは真反対のウッキウキなテンションになる。
・その後自分の強い要望から日帰り温泉へ。気持ちよかった。
・最後には高さ15メートルの噴水が見られると言う情報を聞きつけ河原へ。その頃雨が降り始める
・乱雑に向こう岸まで置かれた石を見て、「あれ、Nやんとか喜んで渡りそうやな」と言っていると、目を離した隙にS西が傘を持ったまま渡り始める。
・なお途中で落下して足元がぐちょぐちょに濡れた模様
・噴水は綺麗でした。迫力あり過ぎて一部水漏れしてたけど
・帰り道にYンザを煽るS本。徐々に見慣れた光景になりつつあった
・宿に戻って晩御飯、いつもの通り苦しむ3人
・この日からおかず2品とおかず1品を交換することに「2枚替え」と名付けられる
・そして(確かこの頃から)関大の方までご飯=対局という謎の文化が浸透し始める
・この日は市立部屋で仲良くゲーム。昼間買ったゲームもプレイする。
・関大Y尾君、A江君や同志社S田君、近大N深君や神戸F田君と色んな子達が部屋に訪れて遊び続ける
・ニムト中に最低点数を叩き出したYンザが「水を飲んだ後深々とお辞儀をして投了する」というプロ棋士達の物まねを始める。クオリティ高かった
・なおその後のコヨーテで27分の1をしっかり引ききり、投了芸を完全に忘れ叫びながら枕を蹴り布団にくるまりはじめる。全員爆笑
・「もう何もおもんねーわ(Yンザの口癖)」「でもホンマはおもろいと思ってるやろ(自分)」「いやおもろいですけど!!別に僕やなくてもいいやないですか!!!(大声)」やはり彼は持ってるわ
・その日は2時就寝?他の子達はもっと遊んでいた

〜4日目〜
・遅くまで遊んでたS西S本コンビが眠そうに朝飯へ
・この日は大学混ぜこぜの団体戦
・チーム名決める時に「みんな眠たいから寝不足でよくね?」となり「チームね不足」に。ものの1分でチーム名が決まる
・また、じゃんけんで勝った人が寝れる=休めるという制度が制定。なおS西は休めんかった模様
・初戦は阪大T柏くんとペア将棋。お互い全く合わない読み筋に苦労しながらも最後はしっかり寄せ切って勝利
・試合後、「2Dくんは今年来てないの?(2年連続)」「やー来年は来るんじゃないですか?(2年連続)」「そうかーこれはダブらないと」というほっこりした?やりとりをする
・2戦目はA江君とペア将棋。居飛車本格派と振り飛車党とかいう最悪のコンビだったが、全てじゃんけんで決めたんだから仕方ないね
・なお試合は居飛車持久戦の指し方がわからず敗勢になるもお互い息のあった騙しを仕掛け、王手飛車をかけて逆転勝ち
・(確かこの時だったと思うが)昼飯の時、I口氏が「超急戦」なるものを始め、一気に昼ご飯を終わらせようとする。なお
・「もう弁当は投了している」という名言も飛び出すも、「全駒しないと投了しませんからね」と返される。関大生は他にも「江戸時代トマトきゅうりは観葉植物だったからこれは食べなくていい」「ナスも観葉植物」「米の守りが固すぎる」「手合い違い」などなど様々な言葉を生み出す
・3局目は個人で出て、K月君と初手合い。少し良くなった終盤の入り口で間違えてそのまま終戦。一手の重みを思い知る
・4局目にしてやっとじゃんけんに勝ち、休憩に入る。会場でガチ寝していた模様。チームね不足だからね、仕方ないね
・5局目はペア将棋。明らかに棋力上の2人相手に善戦するも敗戦。
・因みにチームは全部勝ちました。そして今気づいたんですが……優勝の景品何も貰ってねえ!!今度阪大さんに抗議するか()
・晩飯はこれまでで1番に豪華となる。S西、投了。Yンザ、ソフト指しをしながらも勝ったと言い張り始める。
・その後は同志社のN野K本とお酒を買い足しに行く。なお財布を置いて行った模様。初日の反省ですね
・その後は飲み会。平和でした。
・同志社や関大、近大の人らと適当に話しながら飲む自分、神戸の方達と楽しんでるS本とは裏腹に、S西とYンザは1番後ろで飲み会に参加するポーズすら取らなかった模様。「せめて参加してる振りくらいしてくれ」と頼むも固辞される
・1時間ほど経って帰宅許可を出し、Yンザは自室へ、S西は風呂へ。
・2時間ほど経って、お酒もほどほどに市立部屋へ。途中合流したT柏君も一緒に遊び始める
・この日は阪大のO河内君やS水君も参加。最大10人超の人が来る。
・(確かこの日)酒に酔ったN野とO田さんが来訪。2人でニムトを始める奇行に出る。見てみたけど完全に別ゲーとなってて爆笑してしまった
・ノリでS本を煽りキャラとして弄り始める。大半の人が冗談だとわかってくれてて笑ってくれたけれど、高校時代からS本と知り合いのN深君だけ実感持って頷いていた。昔何があったんや……なおS本、特に覚えはないとのこと
・酒に酔ったI口君乱入。将棋を始めるも、酒に酔いすぎて角桂と香歩を交換し始めたり角の効きを見落としたりと散々な将棋を指すI口君に、「君は僕に負けたんやなくて酒に負けてるんや」と諭す。I口君、また今度お互い万全な時に将棋しましょう!
・その後S水君とも高校生以来となる対局。もう対局内容覚えてねえ…
・深夜1時半に先輩をほって帰ったA江君が、深夜3時に帰って来る。曰く、「仮眠をとってきた」とのこと。ガチ勢すぎてビビるも力尽きる。
・この日はS西が5時まで遊んだ後は、市立生みんな寝た後で6時半まで他大の方々が遊んでいたらしい。みんな元気すぎやろと若干ドン引く

〜最終日〜
・ついにS西S本コンビが朝飯までに起きなくなる。Yンザと2人でご飯へ
・Yンザ、味噌汁を3分の2食べた時点で投了。無論自分は完食
・朝風呂行った後2人を起こし、帰る準備を始める。大量に余った三ツ矢サイダーはS本が引き取る
・帰りのバスは隣のS西共々速攻で寝始める
・途中前に座る同志社K本が酔って大ピンチになっていたらしくN野に起こされるも、特に何のアクションも起こせず二度寝し始める
・昼飯は様々な誘惑を断ち切り、ワンコインの定食のみで済ませる。ソフトクリームを一口だけもらいめちゃ美味しかったけど、財布がピンチだったのでぐっと我慢する
・昼の2時に竹田駅着。そのまま帰宅

まあ大体こんな感じの合宿でした!楽しかったあ!
去年以上に色んな人と話せて良かったです!来年も行きたいけど、まあ確実に無理なので、良い思い出としておこうと思います!

それじゃあ、長い文章になりましたが読んで下さりありがとうございました!
来年以降も呼んでくださると幸いです!

ではではー
スポンサーサイト
                

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

管理画面

記事検索

月別アーカイブ

map.png