Entries

ミーティングで上手く話せなかったので……

お久しぶりの前々部長です!遂に前部長ですら無くなってしまいました……時が流れるのは早くてビビります(`・ω・´)最後の一軍戦も終わり、後は卒業するだけやなあと思いながら卒論と格闘する日々をこれから送っていくと思います!行けそうならまた部室に顔を出すので、いたら優しくしてくださいお願いします!

今回の一軍戦は最後にして初A級勝利初勝利打点初4局出場初1日3局出場初入れ替え戦出場そして初戦犯と初めて尽くしとなりました。これまでとは違う主力選手として挑む最初で最後の一軍戦となりましたが……初日はともかく2日目は最悪の出来でして、チームに多大な迷惑をかけてしまいました。まさに老害!これぞ老害!こんな感じでした……流石に入れ替え戦の後は血の気が引きましたね。本当に、まちゃとヤマンザには足向けて寝れないです……
い、一応同志社では4-3の4になれたから(小声)許して(懇願)

詳しい結果はこの後前部長が載せてくれると思うので確認して欲しいのですが、実は前期大活躍した3回生達が、各々ゼミや研究等で忙しくなったこともあり前期ほどの活躍ができませんでした。その中でそのチームを支えたのは間違いなく1.2年生達で、それは出場し勝ち星を挙げた人だけではなく、戦型を取ったりそれを取る紙を用意したりと対局以外でも下回生が積極的に動いていました。そういった姿を見て、本当に頼もしく思えました!

将棋部におけるチーム力っていうのは、勿論個々人の棋力を寄せ集めたものでしょうし、それが大きなウエイトを占めるのは間違いないです。でもそうした側面だけでなく、こうしたお互いが支え合うようにみんなが動いていくこともチーム力なのかなあなんて、ぼやっとそんなことを思った今回の一軍戦でした。春は就活で抜けた4回生とまだ一軍戦に慣れていなかった下回生の穴を3回生が大車輪の活躍で埋めて、秋は多忙を極めた3回生の穴を他の世代が分け合うように埋めてて、こんな風に戦えるチームは贔屓目なしに見ても魅力的だなあと思っています。来年以降も楽しみだなあ(*´∀`*)

最初この部活に入った時は、こんなにもA級に長くとどまれるなんて思ってもみなかったです。
「4回生の方々を最後にA級で指さしたかった」「最後の一軍戦でA級から落とすわけにはいかなかった」なんて嬉しい言葉もいただき、先輩冥利に尽きます。
出来ればこの1年間必死にこのチームを支え続けた今の3回生にも来年同じ気持ちで挑んでいただけたら幸いかなあと思っていましたが、そんなことを言ったら目標が低すぎると某一回に怒られてしまいますね笑
ぜひ、自分達で定めた目標に向かって、自分達のペースで頑張ってください(*´∀`*)

大阪市立大将棋部のさらなる発展を、陰ながら見守っております。
ではではーm(_ _)m
スポンサーサイト
                

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

管理画面

記事検索

月別アーカイブ

map.png