Entries

秋季一軍戦振り返り

はい、再び記事投稿失礼します。
今回は、今更ながら、秋季一軍戦の自分の将棋について振り返ります。おそらく業界最遅です。
~1回戦~
京大戦。お相手はM氏、春季一軍戦に続いての対戦でした。その時は相振りで負けています。
今回はこちらが穴熊を志向し、相穴熊に。一軍戦の初戦なので、じっくりした将棋にしたいという意図が働いた気がします。
とはいえうまく動かれ、先に桂馬を取られてと金を作られる形になり、まだ先は長いものの冴えない展開かなと思っていました。が、馬が引き付けられることもあり、思ったより悪くなかったのは幸いでした。
その後もよくわからなかったですが、うまく食いつけたようで勝ち。春季は初戦を落として流れを悪くしたのでホッとしました。
チームは3-4。オーダーがうまくいったみたいですが届きませんでした。
~2回戦~
立命戦。お相手はS氏。正直チームの勝ちは絶望的なので強い人と当たれて嬉しかった(団体戦意識0の発言)。
初戦と対照的に、相穴熊の中飛車側を持ちましたが、作戦負けに。
ただ作戦勝ちを活かすのも難しいもので、本譜は眠っていた飛車も働いて勝負形に。
難解な終盤の中、最後はチャンスが巡ってきたのですが、逃してしまい負け。
勝機もあった将棋でしたが、一局を通してこれが自分の実力だなあと思いました。
チームは0-7。僕の知る限りだいたいスイープされてるイメージなのでさすがに悔しい。
~3回戦~
同志社戦。お相手はS氏、強いのはよく知っているので、今だから言えますが正直自信がまったくなかったです。
手が伸びない中、あっという間に不利になり、内心悲しみに暮れていましたが、なんとか千日手に逃れることができました。
指し直し局は時間が少なかったので、トーチカにして腕力勝負にしようと考え、実際その通りの展開になり勝つことができました。
チームは4-3。残留に向けての勝負所なので、チームとして大きな勝利でした。
~4回戦~
神大戦。お相手はF氏。オーダーは、相手が素直にオーダーを出してきたので逆に外れた感じだと思います。たぶん。
相振り飛車となりましたが、一方的に攻められそうな駒組みになり冴えなかったです。恐らく5筋の位を取ったのが良くなかったです。この辺は相振りがわかってなかったです。
途中ゆっくり囲いを整備されていたら苦しかったと思いますが、本譜は攻め合いになったため、相手の金無双が脆くそこからは攻め続けて勝つことができました。
チームは3-4。チームとしては全体的な実力差が出た感じの敗戦でした。
~5回戦~
阪大戦。お相手はF氏、これも春季一軍戦に続いての対局でした。
今回はこちらの振り飛車穴熊に対し相手の居飛車銀冠でしたが、3筋で歩交換をした際に、攻めが続きそうに思えて無理攻めをしてしまいました。暴発気味でした。
こちらの攻めは冴えず、逆にこちらの穴熊は47金型なので薄く一瞬で寄せられました。
大学の公式戦では、こういった無理攻めは今までなく(公式戦では、逆に序盤でおとなしく指しすぎる反省が多い)、自分の将棋の悪いところがついに出てしまいました。これは反省の一局です。
チームは2-5。7将が勝ってくれたのに申し訳なかったです。
~入れ替え戦~
関学戦。入れ替え戦は当たりがランダムなので恐ろしいです。今回の当たりは市大有利の声が多かったのですが、実際のところはよくわかりません。
お相手はI氏。角交換四間の可能性が高いのは何かで聞いていたので居飛車に。
相振りにしなかった理由は今でも謎です。神大戦で相振り作戦負けしたイメージがあったのかもしれません。
仕掛けられて、分かれはこんなものかと思っていましたが、わずかに指しにくくしていたようです。序盤がいつも冴えないので、次からは指す戦法を絞ります。たぶん。
とはいえ形勢は難しく、また指し手も難しく、途中で唐突に金を自陣に埋めたりと変な手も指した気がしますが、60秒の秒読みの中大きなミスなく指せたとは思います。最善手を指せればよいですが、それよりは目立ったミスをしないのが一番大事です。
終盤フラフラになりながらもなんとか勝つことができました。いつも思いますが、30分60秒の3局目はキツいです。そう考えると体力的な課題もありますね・・・。
チームは4-3。チームの将棋の内容的にも薄氷の勝利で、残留することができました。チームメイトに感謝です。

私個人としては、最高峰のA級で指せることが嬉しく、いつも一軍戦を楽しみにしています。
というわけで、今年もA級で指し続けられるように頑張りたいです。
スポンサーサイト
                

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

管理画面

記事検索

月別アーカイブ

map.png