Entries

秋季一軍戦個人振り返り(て)

皆様あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

このブログで秋季一軍戦の結果報告をした際に、「個人の将棋の振り返りは後日書く」と言ったのをふと思い出したので、軽く振り返ってみようと思います。

1局目
相振り飛車でこちらは向かい飛車。85に飛車を引いて牽制する形がうまく刺さり、作戦勝ちになるも、一時その利をフイにする。
最後も受けられていたら難しかったが、本譜は寄せが決まって一気に勝ちを決める。

2局目
こちら四間飛車に相手の急戦。一気に捌き合いとなり、厳密には若干悪かったようだが、11に香を取って成った馬を起点にうまく攻め、最後は快勝。

3局目
相振り飛車でこちら三間。腕力おじさんに腕力勝負にして勝った(雑な振り返り)

4局目
向こうから角交換された為、角交換振り飛車に。角を打ち合ってじっくりした中盤となり、打った段階ではこちらの角のほうが働きが悪かったが(居飛車の22角と振り飛車の48角の関係)、26に出て活用し、相手の見落としもあったようでうまく技が決まって勝ち。

5局目
相振り飛車で、相手が玉頭を突いたところを咎め作戦勝ち、銀得の成果を挙げた。寄せ方は雑だったが問題なく勝ち。

6局目
お相手が居飛車だった為対抗型となり、相穴熊に。こちらが軽く動いた(動かされた?)ところでは手にならないかと思ったが、お相手が素直に応じすぎたようで全部捌けてしまい、快勝。

ということで、秋季も個人では6勝、ということで一軍戦春秋合わせて12勝を挙げることができました。
主将として何も仕事をしてこなかったのですが、将棋の結果だけは出せたかなと思います。
新主将も一軍戦個人12勝を果たした頼もしい主将なので安心しています。主将・部長中心に市大将棋部を盛り上げていってください。
ホントに仕事してこなかったので書くことがないんですが、これを退任挨拶のようなものとさせてもらいます。ありがとうございました。
スポンサーサイト
                

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

管理画面

記事検索

月別アーカイブ

map.png