Entries

一軍戦個人振り返り1

どーも。ヤマンザです。主将ははよ公式?の結果報告をあげてください。アマ竜の全国大会終わってからでいいから。ていうかよく二日目残ったね。私も誇らしいよ(なぜ?)。結論を言うとリーグ戦は2位で通過し、入れ替え戦で勝利してA級昇級を果たしました。また広い部屋に格上げです。うれしいです。
さてさて、私は私で個人振り返りをしようと思います。

〜一軍戦初日の前日まで
虚無。以上。

初日当日
0回戦
勝利 メンタルは虚無

1回戦 対大阪経済法科大学

日頃から付き合いのある大学です。一部の方が市大大好きマンでたまにうちの部室を訪れています。上三枚が手厚く、あとの1枚をもぎ取るといううちのようなチームですね。私は上三枚以外に当たったら絶対勝たなあかん!と気合い入れて登板。そして上三枚以外に当たりました。


気合が空回りしました(完)。相手の方も強かったですが私がとにかく弱かったです。最後頓死するし完敗でした。確実に戦犯踏んだと感じ、某T口淳之介さんみたいにみんなの前で土下座しようと思ってましたが、嬉野流大好きだけど封印してる某後輩が逆転勝ちしてくれたのでつむじの形がバレずにすみました。ありがとうございます。

チームは4-3で勝ちです。

2回戦 対大阪府立大学 

初戦の完敗を引きずったまま昼休みを迎えました。メンタルがやばく、控え室の弁当の匂いで吐きそうになり外に出てました。まあなんでか切り替えられたんで良かったです。
将棋のほうは相手の方が角交換振り飛車から積極的に仕掛けてきたところを端攻めでカウンターしてうまくやったかなーと思い、実際の形勢も有利だったのですが、するすると玉を中央に逃がしてしまい負け。またも若ハゲがばれてしまう危機も覚悟しましたが、上三人に加え、まちゃさんが早い段階で勝って下さったので耐えました。ありがとうございます。

チームはまたも4-3で勝ちです。

3回戦 対関西大学戦 (これ書く数時間前に関西大学の芦江さんがマイナビ女子オープンの本選出場を決められました。おめでとうございます。同じ関西学生将棋の一員として私も誇らしいです(なぜ?)。ささやかに応援しています。)

個人二連敗は棋力の問題とはいえ心に来ます。その状態で対関西大学戦を迎えました。関西大学さんとはおととしの合宿以降仲良くさせていただいていますが、今回ばかりは真剣勝負。相手はみんな地力が高いレベルで安定しており、市大が苦手とするタイプでのチームです。オーダー交換前は少し分が悪いのではないかとみていた我々ですが、いざオーダー交換してみるとなんとびっくり、私がド勝負所で完全五分の当たりではありませんか!関西大学さんのブログを見ると、どうにも考えすぎてしまったようで、我々のチャンスが増える当たりとなりました。

私の相手はYさん。例の合宿以降親交があり、私も良くしていただいています。最新形に明るい序盤の相当な研究家のイメージがあり、一気にリードされるのではないかとビクビクしていました。逆に言えばほぼ互角で中終盤を迎えれば十分戦えるとの思いもありました。
戦型は私の四間飛車に対してクルクル角。実は以前対局したことがあり、その時もクルクル角でした。その時の進行を思い出しながら進める…否!相手は研究家。前回の進行は当然研究してあるはず!ということで私から変化しました。

そしたら悪くなりました(白目)。慣れないことはするものではない。やっぱり土下座の危機です。

ですが悪いなりに難しかったようで、駒損ながら美濃を生かして実戦的に食いつくことに成功。難しい将棋でしたが最後はチンピラみたいな攻めを通し勝つことができました。

チームも4-3で勝ち。私のところの勝敗がそのままチームの勝敗に直結すると両チームとも思っており、その通りになりました。

やっと将棋で仕事ができました。土下座もしなくて済みました。

チームは三連勝ですが、すべて4-3とどれ一つとして楽に勝った試合はなく、チーム力で凌いできたという印象で身が引き締まりました。そういう意味ではチームは初日終了時点で単独首位でしたが、気が緩むことなく二日目を迎えられたように思います。

今回はここまで、二日目編はまた後日。
スポンサーサイト



                

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

管理画面

記事検索

月別アーカイブ

map.png